サッカーバッカー

タイトリスト 917 F2 フェアウェイウッド ロフト角度を16.5°にした理由 硬派な見た目のカッコ良さと機能の合致が素晴らしい 超私的所有ゴルフクラブ紹介

タイトリスト 917 F2 フェアウェイウッド

2017年10月現在、私のゴルフクラブセッティングがほぼほぼ固まってきましたので紹介していきます。

フェアウェイウッド(通称FW)は 『タイトリスト 917 F2』です。

広告

クラブのスペック

ロフト角度 標準で16.5°です。シャフトをレンチで調整する(SURE FIT®Hosel)ことで-0.75°、+1.5°までロフト角度の増減が可能です。
シャフト 三菱レーヨン(現在、三菱ケミカル)ディアマナ BF60 硬さはSです。

グリップはオークションで手に入れた上記のクラブに装着されていたゴルフプライドのツアーベルベット360グリップです。

打ってみた感想

いつも行っているインドアゴルフ練習場で打ってみました。
ポジションは標準のまま変更していません。
ロフトは標準で16.5°なので他のメーカーですと4Wくらいです。タイトリストでは3Wとして、13.5°,15°,16.5°のロフトバリエーションを用意しています。
私は以前はテーラーメイドの4W(16°)を使用していたのでFWのロフトとしては違和感はありませんでした。
打った感触も非常に良くて、飛距離も出ていました。

まとめ

タイトリスト 917 F2』は契約のプロからの評価も高いです。
見た目のカッコ良さと機能が合致したとても素晴らしいクラブだと思います。
フェアウェイウッドは、パー5の2打目で使用したり、狭いホールのティーショットにドライバーの代わりに使用したりします。
3W(通称スプーン)はロフト15°が大体の標準として広まっています。
フェアウェイからショットするには我々アマチュアゴルファーにはロフトが足りない感じです。
少しでも多めのロフト角(16.5°)にすることで、ボールの上がりやすさを手に入れようとこのクラブをチョイスしました。
所有欲も満たしてくれる良いゴルフクラブに出会いました。

私の個人的評価

飛距離 4.5
構えやすさ 5 とても構えやすいです
デザイン 5 個人的に硬派でカッコ良いのが好きなので
打ちやすさ 4.5
操作性 5 様々なシチュエーションで効果を発揮出来る感じがします
打感 4.5 クラブフェイスに球が食い付く感じがします

このクラブを武器に出来るように精進します。

Amazonの欲しいものリスト

私の未来を創る素敵な品々を掲載しています。ご興味あればのぞいていってくださいませ。 しげっちの未来を創るリスト


今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。 いつも感謝しております。

広告

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top