サッカーバッカー

オデッセイ トライホット #3 パター 恐らく一生手放さないであろう手に馴染んでいる大切な道具 超私的所有ゴルフクラブ紹介

オデッセイ トライホット #3

2017年10月現在、私のゴルフクラブセッティングがほぼほぼ固まってきましたので紹介していきます。

パターは 『オデッセイ トライホット #3』です。
何年前に購入したかは忘れてしまったくらい古くから使用しているパターです。
他のクラブは手放す可能性があるとしても、このパターだけはどんなに金額を積まれたとしても手放さないつもりでいます。それだけ自分の手に馴染んでいるパターです。

広告

クラブのスペック

シャフトの長さ 33インチ
シャフト トゥルーテンパーのオリジナル スチールシャフトです。

グリップは標準のまま十数年間替えていません。

打ってみた感想

パッティングは自宅でも練習ができます。
「ドライバー イズ ショー、パット イズ マネー」というゴルフの格言があります。
英語での格言は「DRIVE FOR SHOW,PUTT FOR DOUGH」と言うそうです。

道具としてのパターは日々進化しているようですが、10年以上前のパターが現在全く入らないと言えばそうではありません。
パッティングは道具よりも技術とグリーン上のラインを読める眼とイメージ出来る勘と距離感が重要です。

まとめ

『オデッセイ トライホット #3 パター』は、2001年頃に発売されました。
一時期中古市場でも人気がありました。
ホワイトホットインサートの打感は柔らかいです。

私の個人的評価

構えやすさ 5 ピンタイプのパターは構えやすいです
デザイン 5 好きなデザインです
打ちやすさ 5 定番の形で打ちやすいです
打感 5 インサートが柔らかいと思います

このパターは充分に武器になってくれていると思うので益々好きになるように楽しんで練習します。

Amazonの欲しいものリスト

私の未来を創る素敵な品々を掲載しています。ご興味あればのぞいていってくださいませ。 しげっちの未来を創るリスト


今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。 いつも感謝しております。

広告

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top