サッカーバッカー

ブログチャレンジ115日目 英紙選出 2014プレミアリーグ ベストイレブン ほぼ日刊を目指しモブログも併用

イギリス紙『エクスプレス』が2014年度のプレミアリーグ、ベストイレブンを選出し25日に発表しました。

広告


このベストイレブンを見ても半分くらいの選手しかプレーを観たことがないという、とても残念な現状です。
イングランドのプレミアリーグでしのぎを削るプレイヤー達ですので今後は少しでも多くの試合を観戦出来るような暮らしを目指したいです。

■『エクスプレス』紙による2014年度のプレミアリーグ・ベストイレブン

▼GK
ダビド・デ・ヘア(スペイン代表/マンチェスター・U)

▼DF
ナサニエル・クライン(イングランド代表/サウサンプトン)
ジョン・テリー(元イングランド代表/チェルシー)
ヴァンサン・コンパニ(ベルギー代表/マンチェスター・C)
レイトン・べインズ(イングランド代表/エヴァートン)

▼MF
ラヒーム・スターリング(イングランド代表/リヴァプール)
ネマニャ・マティッチ(セルビア代表/チェルシー)
ダビド・シルバ(スペイン代表/マンチェスター・C)
エデン・アザール(ベルギー代表/チェルシー)

▼FW
セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン代表/マンチェスター・C)
ウィルフリード・ボニー(コートジボワール代表/スウォンジー)

via: 英紙が2014年度のプレミアベスト11を発表…マンCとチェルシーが最多 – サッカーキング

選手も大切ですが、その一流選手達を束ねて指揮を執る監督も本当に重要なんだなと最近特に感じております。
各国のリーグの上位を占めるチームは選手もそうですが、監督のネームバリューも素晴らしいですよね。
以前はサッカー経験者ということもあり、試合をするのは選手なんだと思っていた時期もありました。
しかしながら、それと同等くらいに監督の力も必要なのだなという確信を持ちました。

セルヒオラモス、レアルは進化し続ける集団 – スペインリーグニュース : nikkansports.com
先日のクラブのW杯で優勝したレアル・マドリーのMVPセルヒオ・ラモスもチームを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督(55)を称えています。
セルヒオ・ラモスの個人技術とアンチェロッティ監督のシステム史~選手の質に合ったシステムを採用する~ – サッカーキング
アーセナルDF陣に不満のヴェンゲル監督がレアルのS・ラモスに接触か – サッカーキング
色々な形で選手と監督の想いがつながっていきますね。

今日のライフログ

20141225吾妻橋から

3種類の筋トレを各10回が1セット
1セットから3セット以内がノルマと

30分以上が最低カウントノルマ

体重80.65kg 体脂肪率21.1%

ブログに触れる 出来たら更新まで

広告

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top