サッカーバッカー

ブログチャレンジ65日目 自転車マナー ほぼ日刊を目指しモブログも併用

私が自転車に乗れるようになったのが小学校にあがるちょっと前の6歳の頃でした。それから生活のアシとして便利に利用してきて、途中大腿骨骨折によるブランクがありましたが、電動アシスト付き自転車という便利な道具の力も借りてまた復活することが出来ました。

広告

長男は今年(2014年)から小学一年生になりました。
現在自転車を乗れるように練習中です。真っ直ぐに走らせるのは何とか出来るようになりましたが、まだ回ることと曲がることが苦手で出来ません。
近所のお友達の方が早くから乗れるようになっているので、休みの日とかに一緒に近所まで自転車に乗って行きたいようです。
しかしながら、自転車にせよ何にせよ動いているのを止める技術や曲がるや回る技術の方がより重要です。

高速道路の運転は信号もないし得意だけども、車庫入れはどうしてもバックでのハンドルの切り方が脳内で上手く再生出来ないらしくて苦手なんだよねと言う、私の妻の血を引き継いでいるのかなとも思います。

とにかく、回るや曲がるや止まるが出来ないことには自転車で子供たちだけで出掛けるのは親としたらOKはまだまだ出せませんね。

私が自転車を練習していた40年近く前とは交通事情も大きく変化してきていますしね。
Fotos 2ª Gran Fiesta de la Bicicleta Las Palmas de Gran Canaria
Fotos 2ª Gran Fiesta de la Bicicleta Las Palmas de Gran Canaria / El Coleccionista de Instantes

自転車に関していうと、今朝ものすごい「ながら運転」をしている人を見かけました。
Facebookのタイムラインに投稿したら、良識ある人たちからも色々な意見をいただけました。

自転車の運転中に、スマホの画面を見ながら、イヤホンで音楽を聴くという究極の「ながら運転」でした。

私のFacebook投稿記事

自転車に乗りながら、スマホを見ながら、イヤホンで音楽を聴く。
あなたがその時間にヤるべき事は自転車に乗る事なので、どうかそれに集中して欲しい。
あなたが安全と思っているのは、あなたが見えてない周りの他者の協力の上に成り立っているから。
どうかぶつかるのなら、子どもやお年寄りの歩行者でなく、電柱にして欲しい。
そしてケガはしませんように。
ルールやマナーもへったくれもない者に対して、私は牙を剥く。
実は、自転車だけでなくて歩行者も最近危ない人が多いんだよね。
歩きにせよ、自転車、その他の動く車にせよ、「ながら」なんチャラは本来あり得ないはずです。
自動車を運転しながら、ラジオや音楽を聴くというのが、どこかで染み付いてしまったのかな?私もやるので、それはヤるなとは言わないけれども、そういうのが普通に街中をウロウロしてるから、事故はなくならないのかもね。
自分は事故らないから平気と言っている人は、安全を周りに対して委ねているので、それだけで迷惑に近い、気を使わせてしまっている。
「ながら」なんで、それに気付かないのが、最大の難点ですがね。

私のFacebookのタイムライン上の友人とのやり取りから、私のコメントを抜粋しました。

約一年前にも私の別ブログで自転車に関する記事を書いていましたね。

私は事故で歩けない、動けない時期を過ごしたので余計に思うところがあるのかもしれません。
自分は何も悪くなく真っ当に安全運転をしていたとしても、決してそうではない人にぶつけられて事故に巻き込まれて、ケガをすることがあるかもしれません。
それを未然に防ぐためにも、まずは自分だけは、胸を張って安全に留意して運転していますと言えるようになりたいです。
一人ひとりがそのような意識を持って運転してもらえればいいなと思いました。

今日のライフログ

20141105吾妻橋から

3種類の筋トレを各10回が1セット
1セットから3セット以内がノルマ

30分以上が最低カウントノルマ

キッチンの排水溝の掃除

体重78.75kg 体脂肪率19.9%

ブログに触れる 出来たら更新まで

広告

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top