サッカーバッカー

ブログチャレンジ174日目 フットゴルフとは フットボールゴルフのサイトを見た感想 ほぼ日刊を目指しモブログも併用

先日フットボールゴルフなるものの情報を得て、ワクワクするとブログで書きました。

広告


日本フットゴルフ協会のサイトを見て、動画も拝見して、改めて自分にも出来そうだなと感じました。

おおまかに書くとフットゴルフとは、ゴルフ場でサッカーボールを使用して、ゴルフのようなことをするスポーツ、ゲームのようです。
日本フットゴルフ協会のサイトと動画を見て、感じた点を少しだけブログに書きたいと思います。

フットゴルフは、ゴルフのルールを熟知したゴルファーでしかもサッカーの経験者が有利なスポーツ(ゲーム)だなと感じました。
どちらか一つだけしかしたことのない人でも当然できるでしょうし、どちらも未経験でもできると思いますが、サッカーの技術があったほうが断然有利だと思います。

フットゴルフでは、ゴルフ場で行なうので、芝生を傷めないように、サッカーのスパイク・シューズは使用しないようです。
フットサルのシューズなどは良いようです。

ゴルフでいう最初の一打を打つティショットは、キックオフ(ティオフ)と呼ぶようで、当然ながら足でキックします。
ゴルフだとドライバーという一番飛ぶクラブ(道具)で打つことが多いですが、その時にゴルフボールを浮かすためにティペグというゴルフボールを乗っける小さい道具を使いますが、フットゴルフでは動画を見る限り、サッカーボールを浮かせないで蹴っていました。
使用するサッカーボールは、5号球の大きさだそうです。サッカーでもプロ以下、中学生くらいまでは5号球を試合で使用しています。

ゴルフコースのパッティングをするグリーンは、フットゴルフでは使用しないようです。
ゴルフコース内のグリーン以外の場所にカップを作って、そこにピンフラッグを挿して、フットゴルフ用のグリーンとして使用するようです。
動画を見たところ、ピンフラッグを最後まで抜かずに、完全ホールアウトが基本ルールのようです。

ゴルフで言う、競技ゴルフ以外のいわゆる「OK」は、フットゴルフではルール違反で、完全ホールアウト(サッカーボールをカップに沈めることでホールアウト)しなければなりません。

コースのレイアウトは、通常のゴルフと同じく、パー数は多くのコースで71が72です。コースによりますがパー3は40~60ヤード、パー4は120~140ヤード、パー5は170~200ヤードの距離でプレーしています。
ゴルフコースの9ホール分で、フットボールゴルフの18ホールをレイアウトすることができますから、スペースをとらないところも魅力です。
日本フットゴルフ協会のサイトから引用

ゴルフボールは距離が出るように出来ていますが、サッカーボールはそれ程には当然飛びませんので、コースのレイアウトを考えて距離を短くすることで、ゴルフコースの半分の距離でコースが出来るようです。

懸念していたことが一つクリアになりました。

私のようにフットボールゴルフに興味を持たれた方は、日本フットゴルフ協会のサイトをご覧くださいませ。

日本では当然ながらまだまだ歴史が浅いので(協会が発足してまだ1年、2014年2月に日本フットゴルフ協会が発足)、プレーが出来るコースが限られています。
ますます普及して、身近でプレーが出来ることを望みます。

今日のライフログ

20150222吾妻橋から

3種類の筋トレを各10回が1セット
1セットから3セット以内がノルマ

30分以上が最低カウントノルマ

体重79.95kg 体脂肪率21.0%

ブログに触れる 出来たら更新まで

広告

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top