サッカーバッカー

ブログチャレンジ161日目 アフリカネイションズカップ 決勝 コートジボワール ほぼ日刊を目指しモブログも併用

アジアサッカー連盟(AFC)は2月9日、2018年ロシアW杯アジア予選兼2019年アジア杯予選の大会概要を発表しました。

広告

先日、アジア杯オーストラリア2015で地元オーストラリアが優勝して閉幕したばかりですが、3年後のワールドカップロシア大会2018、4年後のアジア杯2019の予選の方式が決まってきました。
AFCがW杯兼アジア杯予選の概要を発表、日本は2次予選から参加 | ゲキサカ[講談社]

予選には46の国と地域が出場。最新FIFAランキングで下位の12協会(インド、スリランカ、イエメン、カンボジア、台湾、東ティモール、ネパール、マカオ、パキスタン、モンゴル、ブルネイ、ブータン)が1次予選から登場し、6つのペアにわかれてホームアンドアウェーで対戦。3月12日と17日に試合が開催される。

 勝利した6チームが残る34チームと合わせて2次予選に進む。日本はこの2次予選から登場となる。同ラウンドは8つのグループにわかれ、ホームアンドアウェーで実施。6月11日から2016年3月29日にわたって開催される。

via: 露W杯アジア予選方式が決定、日本は2次予選から登場…全3ラウンドで実施 | サッカーキング

日本代表の後任監督候補の報道が加熱しています。
じっくりとなんて言っていられないようですね。
断りを入れられてばかりいる印象がありますね。
同時に交渉はしているのかもしれませんが、誰かに断られたから次に行くといった印象がありますのであまり上手くないのかなと感じます。
元インテルのマッツァーリ氏、日本代表監督就任断る…希望はローマか | サッカーキング
元イングランド代表監督のホドル氏も日本代表監督就任を断る | ゲキサカ[講談社]

すでに断られた人の経歴も載っていますが、候補者をまとめた記事がありました。
相次ぎ浮上する日本代表新監督候補…後任候補の経歴一挙紹介 | サッカーキング
監督をやってみたいと答えている人には交渉にいっていないんでしょうかね。
外国人監督が良いというこだわりはどうやら変更できないわけですから、せめて日本でプレーしたことがあるとか、日本に好印象を持っている人が引き受けてくれると良いのですがね。
現状ですと、なかなか難しいのかなと感じます。

サッカーのアフリカ選手権最終日は2月8日、赤道ギニアのバータで決勝が行われ、コートジボワールがガーナを破って1992年以来となる2度目の優勝を果たしました。
コートジ2度目の優勝、ガーナをPK戦で下す アフリカ選手権 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

今日のライフログ

20150209吾妻橋から

3種類の筋トレを各10回が1セット
1セットから3セット以内がノルマ

30分以上が最低カウントノルマ

体重80.05kg 体脂肪率20.7%

ブログに触れる 出来たら更新まで

広告

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top