サッカーバッカー

ブログチャレンジ133日目 アジア杯 日本代表vsパレスチナ 星稜高校 優勝 ほぼ日刊を目指しモブログも併用

アジアカップで2連覇を目指すサッカー日本代表は1月12日、1次リーグD組初戦のパレスチナと対戦しました。

広告

前半にMF遠藤保仁選手(G大阪)が先制のミドルシュートを決めるなど3点を奪うと、後半にも追加点を決め、アジア杯初戦を4-0の勝利で飾り勝ち点3を獲得。
日本は次戦、1月16日にイラクと対戦します。
アギーレ監督「観客が喜ぶような内容」 – 日本代表ニュース : nikkansports.com
先制点の遠藤選手のミドルシュートは、相手DFの出した足の間を抜けて、スピードはそれ程ありませんでしたが、枠いっぱいに狙いすましたグラウンダーのシュートでゴールになりました。
遠藤、先制ミドル「蹴った瞬間入るかな」 – 日本代表ニュース : nikkansports.com
2点目の岡崎慎司選手のゴールは、香川選手が放ったシュートをヘディングでコースを変えたゴールでした。香川選手のシュートは強烈でしたが、ほんの少しだけコースを外れた感じでしたが、見事に岡崎選手が反応してコースを変えました。
このゴールもあって、後半に交替しましたが、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに輝いています。
岡崎がMOM選出「僕じゃないと思った」 – 日本代表ニュース : nikkansports.com
本田PK弾“トップチーム100号”決めた – 日本代表ニュース : nikkansports.com
香川選手は自身のゴールこそありませんでしたが、3得点に絡む動きをみせていました。
香川「もっともっと」3得点に絡む活躍 – 日本代表ニュース : nikkansports.com
相手のパレスチナ代表はアジアカップ初出場でしたので、大方予想された結果でしたが、何があるかわからないのが公式戦です。
各選手、アギーレ監督も初戦を勝利したことを素直に喜んでいました。
キャプテンの長谷部誠選手は勝利にも気を引き締めています。
Yahoo!ニュース – 後半の内容に不満の長谷部「満足できるレベルではない」 (ゲキサカ)

全国高校サッカー選手権大会の決勝戦は 星稜(石川)が延長の末に前橋育英(群馬)を4-2で下し、初優勝を決めました。
星稜が前橋育英下し、悲願の初優勝 – サッカーニュース : nikkansports.com
星稜・木原監督代行「褒めてあげたい」 – サッカーニュース : nikkansports.com
星稜高校出身の本田圭佑選手も初優勝を称えています。
本田、星稜初優勝「本当に願っていた」 – 日本代表ニュース : nikkansports.com

今日のライフログ

20150112吾妻橋から

3種類の筋トレを各10回が1セット
1セットから3セット以内がノルマ

30分以上が最低カウントノルマ

体重81.50kg 体脂肪率21.3%

ブログに触れる 出来たら更新まで

広告

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top