サッカーバッカー

ブログチャレンジ103日目 サッカー天皇杯 決勝 結果 ガンバ大阪 ほぼ日刊を目指しモブログも併用

12月13日、横浜の日産スタジアムで天皇杯の決勝戦が行われました。ブログチャレンジ102日目 サッカー天皇杯 決勝 ほぼ日刊を目指しモブログも併用

広告

昨日このブログでも紹介したように決勝戦の対戦カードはJ1の覇者でこれまで2冠のガンバ大阪とJ2でJ1への昇格を果たしたモンテディオ山形でした。

結果はガンバ大阪がFWの宇佐美選手の2得点1アシストの活躍で3-1で勝利して、見事3冠を達成しました。

前半の早い段階で宇佐美選手が得点を決めました。
ゴールを決めるためには、まずはシュートを打たなくてはならないんだなということを感じさせてくれました。
2点目は山形のコーナーキックからのクリアボールを粘って宇佐美選手がパトリック選手へつないで、パトリック選手の技ありのシュートがゴールになりました。

前半は2-0で折り返して、後半山形は反撃に転じました。選手交替から徐々に流れを引き寄せて、ロメロ選手が石川選手からのボールを押し込んで1点差にしました。

山形のDF山田選手が足を攣ってしまい、ピッチを出て一時的に治療をしていました。
一人少ない状況で、宇佐美選手がシュートを放ち、コースに入ったDFの足に当ってさらにコースが変わり、ガンバ大阪の3点目が入りました。
ここでもシュートを打つことの大切さを感じた得点シーンでした。恐らくはDFの足に当たらなければ、GKの山岸選手が反応していたので、弾いていたと思います。

ガンバ大阪は来年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)も楽しみになってきましたね。
Jリーグでベストイレブンに選出されたパトリック選手、宇佐美選手、遠藤選手の存在感が目立っていました。
宇佐美2発「3冠…誇りに思う」一問一答 – 天皇杯ニュース : nikkansports.com
長谷川監督3冠総合力、次はACLでアジア – 天皇杯ニュース : nikkansports.com
アギーレ監督、G大阪「全体がいい」 – 天皇杯ニュース : nikkansports.com
宇佐美2発、G大阪が天皇杯も制し3冠達成! – Goal.com

今日のライフログ

20141213吾妻橋から

3種類の筋トレを各10回が1セット
1セットから3セット以内がノルマ

30分以上が最低カウントノルマ

体重80.65kg 体脂肪率21.0%

ブログに触れる 出来たら更新まで

広告

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top